マミムメモマミムメモ

マーメードライン (mermaid line)

ひざまでが体にそったラインで、ひざ下から広がりを見せるシルエットです。人魚のひれのような形のため、こう呼ばれています。フランス語で「リニューボワソン」と同義語です。

マリエ (marie)

フランス語で婦人服のコレクションの最後を飾るウエディングドレスのことです。既存のウエディングドレスとは異なり、デザイナーの自由な発想に基づいたウエディングドレスのことです。

マンダリンカラー (madarin collar)

「立ち襟(詰め襟)」の1つで、首にぴったりしたネックラインの上に付けた幅の狭い硬い襟をいいます。「チャイニーズカラー」ともいいます。中国共産党主席、国家主席であった「マオ・ツォートン(毛沢東)」に因む「マオカラー」やインドの初代首相に因む「ネールカラー」などとも同義語になります。

マンダリンスリーブ (mandarin sleeve)

「マンダリンコート」や「マンダリンジャケット」の広い袖をいいます。また長袖のシルエットの1つとして、肩から肘までは腕にぴったりとして、肘から袖口にかけてゆるやかに広がった袖のことです。

ミディアムレングス (medium length)

脹脛の中間(ミディアム)までの丈、およびその衣服(ミディアムスカート、ミディアムドレス、ミディアムコート)の丈の長さをいいます。「ミニmini=最小」に倣って「ミッドmid=中間」に「-i」を加えて「中間の」という意味にした語で、最初に唱えられたミディアムスカートという名から分離独立した語であります。1967年に文献初出しています。丈の意味では「ミディ」「ミッドカーフ」「ロンゲット」、またはフランス語の「ミモレ」などと同義語になります。「マキシ」に含まれることがあります。

メッシュ (mesh)

「網状の隙間を持つ生地の目」をいいます。拡大して「網」「目の粗い織編物生地」、あるいは「網状の布地で作られた製品」なども表します。