アイウエオアイウエオ

アシンメトリー (asymmetry)

「アシメトリー」とも書きます。「非対称」「不均斉(不均整)」などの意味であります。1652年頃に文献初出しています。服飾用語では左右などがデザイン的に意図された非対称の形をいい、「ワンサイディド(ワンサイド)」「オフバランス」などとほぼ同義語になります。対語は「シンメトリー」になります。変化があるのが特徴でしゃれた印象を表現したい時のテクニックとして表現します。

アメリカンスリーブ (American sleeve)

「米国式の袖ぐり」の意味で身頃を首回りから脇下に向かって斜めにカットし、肩先を大きく露出させた形をいいます。前面から見ると「ホルターネック」にやや似ているが、ホルターネックの場合は背中が大きく明いているのに対して、アメリカンスリーブは前と背が同形です。

アルファベットライン (alphabet line)

1954年にパリのChristianDior(クリスチャンディオール)が発表した「Hライン」(シルエットの形がHの形)を始めとして、その後の「Aライン」「Yライン」「Xライン」「Iライン」を指すが、「チューリップライン」「アローライン」「トラペーズライン」なども含めていうこともあります。
首から袖ぐりまで、大きくカッティングされたデザインです。

イブニングドレス (evening dress)

格式の高い晩餐会や公式行事としての舞踏会、観劇、音楽会などに着用する主として女性の衣服をいう。1797年に文献初出している。日本では「夜会服」といいます。

Aライン (A line)

1955年にパリのChristianDior(クリスチャンディオール)が発表したシルエットで、上半身から裾に向かって広がっています。このためウエストはややゆったりしている。「アルファベットライン」の1つです。

エンパイアライン (Empire line)

エンパイアスタイルの特徴は、①大きい襟ぐり。②エンパイアハイト、エンパイアドレスなどと呼ばれる衣服(ドレス)で、極端に高いウエストライン(ハイウエスト、エンパイアウエスト)のシルエット(エンパイアライン)。③袖はパフスリーブなどさまざまな工夫を凝らした形のもの。④コルセットを廃した。⑤ドレスは全体として直線的なほっそりした形で、薄い生地を用い自然の肉体美を誇示し、色も白がほとんど–などでありました。これらは古代ギリシャ、ローマ時代の服飾を取り入れたもので、当初は英国から始まったものであったが、ナポレオンの妃「ジョセフィーヌ」が好んで着たこともあって世界的になりました。現在の感覚でいえばハイウエストの「シュミーズドレス」「キャミソールドレス」に近いです。

オーガンジー (organdie,organdy)

原型は絹織物と思われるが、西欧で主として作られたのは綿織物でありました。強撚糸を用い、生地を苛性ソーダで処理(マーセライズ[シルケット])して収縮を与えるとともに光沢を出し、やや固く張りのある風合いにしてあります。名の由来は不詳であるが、おそらくロシアのトルキスタン地方のウズベク共和国の中部にある古都「ウルゲンチUrgench」にちなむとされています。

オーストリアンクリスタル (Austrian Crystal)

オーストリアのハプスブルグ時代に磨かれた高度なクリスタル技術で、その透明度とカットによる輝きは、世界最高技術スワロフスキー・クリスタルに並ぶ美しさを誇っております。

オフショルダー (off-shoulder)

肩(ショルダー)部分がない(オフ)–という意味で、両肩を露出した形の、いわゆる「諸肌脱ぎ」の形をいう。その襟ぐりは「オフショルダーネック」、ドレスは「オフショルダードレス」などといいます。「ベアショルダー」「ベアトップ」「デコルテ」「ローブデコルテ」などと同義語になります。

アフタヌーンドレス

午後のフォーマルな場に着用される服の総称。特にワンピース形式のドレッシーのなドレスを指す事が多く、これは女性の正式な昼間の礼装として用いられます。結婚式の参列や公式行事などに向きます。肌を露出したり、透けるような生地は避けるのが原則とされ、丈は少し長めのものが一般的です。