サポートサポート

Dress Coordinatesコーディネート提案

ファッションとはコーディネートをすることで、その印象がガラリと変わります。こちらでは、ドレスの着こなしについてご紹介、あなたのセンスを発揮してみましょう。

アクセサリー

アクセサリーを付ける場合は、そのバランス感が問われます。例えば、大ぶりのネックレスを付けているなら、ピアスは小さなものにするなど、全体に統一感を持たせることが大切。もちろん、アクセサリーの付け過ぎは禁物、せっかくのドレスの印象を壊しかねません。 また、ドレスを着用するシーンにおいても、アクセサリーの付け替えが必要です。ブライダルドレスであれば、上品さが漂うパールのネックレス、ステージドレスにネックレスを合わせるなら、遠目からでもその存在が分かるような、輝きに動きが出る大きなものなど、そのシーンに合ったものをお選びください。 ご結婚をされている方であれば、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするのもよいでしょう。
当店では、最高級のキュービックジルコニアを使用したコスチュームジュエリーや、淡水パール、スワロフスキー等、インポートならではのセンスの光るアクセサリーを多数品揃えています。(主な取り扱いアクセサリー:ネックレス、チョーカー、イヤリング、ピアス、ブレスレット、バレッタやカチューシャなどのヘッドドレス、ティアラ、リングetc...)

バッグ

ドレスを着ている時にバッグを持つ場合は、あくまでも「おしゃれ」の一貫という認識でお使いください。小ぶりで、ドレスの雰囲気を壊さない程度のものが好ましいでしょう。あくまでもバッグは、アクセサリーのひとつとお考えください。
当店ではハリウッドやニューヨークのセレブに人気のインポートバッグを中心に、個性的な一点物のバッグや、スタイリッシュなクラッチバッグ等、様々なドレスアップシーンにオススメのパーティーバッグを充実して取り揃えています。

靴をお選びになる場合は、つま先やかかとが露出していないものをお選びになるのがベターです。というのも、シーンによっては、お肌が見える靴は厳禁の場合もあるからです。現在では、バックストラップは容認されていますが、格式の高いパーティであれば、控えておいたほうがよいでしょう。
カジュアルなパーティーや、若さを表現できるパーティーなどでは、サンダルやミュールも多くなっています。 また、ロングドレスの場合は、高めのヒールを履き、ウエスト位置を高くすることをおすすめします。

羽織物

ショールやファーといった羽織物を、ドレスを着ている状態で付ける際、最も気を付けなければいけないことが、「体に巻かない」ということです。 羽織物を体に巻くことで、ドレスが持つ美しいシルエットを隠してしまっては意味がありません。また、子どもっぽく見える恐れもあります。あくまでもドレスは大人の女性が着るもの、その美しさを隠してはいけません。
ショールは羽織るだけではなく、様々なアレンジが可能ですので、店頭では実際にスマートで品のある羽織り方やアレンジ方法などをご提案しています。

Share on Facebook