シーン別ドレス紹介シーン別ドレス紹介

Formal Dressフォーマルドレス

上品なドレスを着こなすことは大人の女性への第一歩。

フォーマルとは、「正式な」「儀礼的な」という意味を持っています。フォーマルドレスとは、その名前の通り正式な場所に着用していくためのドレスです。
一般には女性は袖無しの上品なドレスがよいとされています。最近ではパンツスーツがフォーマルなスタイルと認識されていることもありますが、やはり女性であれば、きちんとしたフォーマルドレスを着られるのがよいでしょう。
フォーマルドレスをお選びになる場合は、ドレスコードを厳守することだけでなく、「礼儀を持った服装をする」心がけも大切になってきます。
ドレス初心者の方であれば、どんなドレスをご購入すればよいのか、分からないといったこともあるでしょう。当店では、それらドレスコードにも精通したコーディネーターがおりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォーマルドレスの選び方

フォーマルドレスをお選びになる際は、式場の格や、どのような立場でゲストとして呼ばれているのかが重要になってきます。 相手方の親類(年配の方)も多い場合は、やはり上品なイメージのあるものをお選びになったほうがよいでしょう。 ご友人が多い場合は、会場に花を添えるという意味合いも込めて、カラータイプをおすすめします。また、事前に花嫁様とドレスについてご相談することで、当日色が重なることもありません。

謝恩会

卒業生が恩師に感謝するための謝恩会も、フォーマルな場所といえるでしょう。感謝の念をもって出席するためにも、また成長したあなたの姿を恩師に見せるためにも、フォーマルドレスを着ていかれるのがよいでしょう。

発表会

各種発表会もフォーマルドレスが必要とされる場所。演奏する側も、観客として出席する側もフォーマルドレスを着用することで、その発表会の格式も高くなるというものです。

表彰式

大きな舞台に上がり、表彰されるということは、人生においてさほど経験できるわけではありません。上品なフォーマルドレスを着用し、晴れ舞台に立ってみましょう。

コンベンション

企業や団体によって催されるコンベンションは、まさにフォーマルの場。出席される人数も多いため、注目度も高くなっています。フォーマルなドレスを着こなすこともビジネスの一貫です。

学会

病院や大学などの学会に出席するため、フォーマルドレスをご購入される方も少なくありません。

Share on Facebook