シーン別ドレス紹介シーン別ドレス紹介

Evening Dressイブニングドレス

美しいドレスは、夜のパーティーで輝きを放つ。

イブニングドレスを上品かつセクシーに着こなせる女性は、非常に魅力的です。イブニングドレスとは、「夜会服」の意味で文字通り、夕方から夜にかけて着用するドレスのことです。音楽会や舞踏会、晩餐会など華やかな場所で着用されることが多くなっています。
イブニングドレスが必要になるようなパーティーは、ドレスコードが厳しい場合もあります。その分、美しいイブニングドレスを着こなすことで、注目度も高まり、かつ魅力的な大人の女性と周囲から認められるのです。
かといって、イブニングドレスを着こなすことが難しいかというと、そういう訳ではありません。当店では、コーディネーターがしっかりとアドバイスをいたしますので、ご安心してドレスをお選びいただけます。
どうぞ、私達と共に大人の女性を目指してみましょう。

イブニングドレスの特徴

イブニングドレスは、女性用の礼装服で、午後6時以降に催されるパーティーなどに着用します。その時間帯のパーティーは、お肌を見せるドレスが正装とされているため、袖がなく、胸や背中が大きく開き、裾が長くなったものが一般的とされています。素材は、レースやサテンといった素材を使い、まさに女性らしさを強調するドレスといえるでしょう。 宝石やアクセサリーを合わせることで、一段とゴージャスに着こなすのが正式とされています。 当然のことですが、お昼にイブニングドレスを着用されるのはNGです。昼間に着用するドレスは、「アフタヌーンドレス」と呼ばれ、胸元や襟元が詰まったフォーマルなものになっています。

イブニングドレスの選び方

イブニングドレスの魅力とは、女性が本来持っているセクシーさを引き出す点にあります。そのため、背中が大きく開いたものや、ベアトップなど大胆なシルエットのものが多くなっています。しかし、大胆なシルエットであればよいのか、といえばそうではありません。「男性に媚びることのないセクシーさ」、それを念頭に置いてお選びください。素材は、シルクやサテンといった光沢のあるもので、ゴージャス感を演出するのがよいでしょう。 また、靴やアクセサリーもイブニングドレスを着用する際に、大切なアイテム。靴はドレスと同素材のものや、銀色や光沢のあるものがおすすめです。アクセサリーは、パールなどの輝きのあるもので華やかさを演出しましょう。

Share on Facebook