ヴェリエールソワレのコンセプトヴェリエールソワレのコンセプト

Dress Upドレスアップとは

ヴェリエール-0219

ドレスアップは海外で根付いた文化です。そのため非日常の洋服といったイメージをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。 しかし、ドレス文化の進んだアメリカなどでは、10代のジュニアがドレスを選ぶ姿も珍しくありません。また、それを専門にしたプロムショップもあるほどです。

ドレスアップを決して難しく考える必要はありません。
「まずドレスを楽しむこと」、そこからはじめてみましょう!

ドレスアップが必要なシーン

日本では欧米のように、大きなパーティーが一般的ではありません。そのため、「どういった場所でドレスアップをすればいいか分からない」といったご質問をよく受けます。こちらでは、ドレスアップが必要なシーンについてご紹介します。

パーティー

パーティーと一口に言っても、大きな会場を借り切った大人数のパーティーや、お友達だけの小さなパーティーなど、その規模は様々です。人数や会場の大きさなどによってパーティードレスを変える必要があります。

ステージ・発表会

ステージや発表会に出席する場合もドレスアップは必要です。演奏される方はもちろん、客席に座る際もドレスアップすることがエチケットです。

結婚式

結婚式の主役、花嫁様はもちろん、ゲストとして出席される方もしっかりドレスアップしていきましょう。

セレモニー

会社が開催するようなセレモニーや式典には、厳しいドレスコードが必要な場合もあります。きちんとドレスアップできることは、女性の魅力のひとつです。

Share on Facebook